ウィーンのカフェ・ラントマンが青山通り沿い【Ao】に入っていたなんて!

それを知ったら行かずにはいられず、ひとりカフェタイムしてきちゃいました。

ウィーンに行ったとき何度も通ったカフェ・ラントマン。オペラ座でオペラ『ラ・ボエーム』を観た帰り、トラム(路面電車)を途中下車してここで飲んだプンシュ(ホットワインのようなもの)が忘れられません。アルコールに弱い私は姉と二人、激しく降る雪の中をホテルまで歩いて帰りました。その雪が顔に当たるのが持よかったこと!

その後も何度となくウィーンに行く度に、重厚でウィーンの歴史が感じられるカフェ・ラントマンは大好きなカフェで毎回何度も訪れました。

青山のラントマンで私がオーダーしたのはウィーンの名物「カイザー・シュマーレン」と「ラントマン ブレンド」。

 

R0016249

 

コーヒーはウィーンらしく重た~い。カイザー・シュマーレンは細かいホットケーキに粉糖がかかっていて2種類のフルーツソースが添えられていました。現地のほどではないけれど、結構な食べ応えあり!

店内はシートなど本店そのままを再現しようと頑張った感ありですが、お店の持つ空気と歴史は無理な話。それでも高級感があるしテラス席からの眺めはいいし「穴場」かなって感じです。でも平日の5時という時間帯のせいか、店内に私の他は3組のお客さんのみは残念。ぜひぜひカフェ・ラントマン青山店、頑張って勝ち残って欲しいなぁ。。。と願いながらお店をあとにしました。

 

 

 

 

 

溶けそうになるほど暑い毎日。涼を求めて、栃木県矢板ICから車で40分ほど走った尚仁沢湧水に桃太郎を連れて行ってきました

ここ尚仁沢湧水は過去に日本の名水100選にも選ばれた所

 

R0016241

 

豊かな自然の中にこんこんと湧き出る水は日量65,000立方メートルで水温は1年を通して11度なのだそうです。

こんなふうに湧き出ています

 

R0016224

 

川面を渡る風は涼やかでマイナスイオンもたっぷり浴びてきました。手や足をしばらく水に浸けると痛くなるほどの冷たさ。焼けるようなアスファルトの暑さをしばし忘れてリフレッシュデイでした

 

R0016231

 

昨年尚仁沢を訪れた時、桃はテンション上がって川の中にドッボ~ン。今回も桃の華麗なる泳ぎをカメラに収めようと期待していたのに、桃ったら足先しか水に入らず。でも滅多に無いアウトドア体験に川の水を飲んだり、走り回たり。。。そして疲れたらしく川原で突然眠ってしまいました。こんな土の上で眠りこけることなんて初めてです

 

R0016246

なんだか捨て犬みたい



 

 

 

 

 

先日置いたメダカ鉢にこんなカワイイお客さんが来てくれました。

 

R0016222

 

R0016221 

 

小さなバッタとナナホシてんとう。

どうぞゆっくりしていってねheart

 

 

 

 

 

レッスン室の入口にメダカ鉢を置きました。

 

R0016214

 

彼らは白メダカの赤ちゃん。孵化して1ヶ月ほどです。でも鉢はメダカ達にとって広々していて日に日に大きくなっています。

レッスンにいらしたらそっと鉢を覗いてみて下さいネこんな小さなメダカがホテイ草の根や水草の間を楽しそうに泳いでます。「インディー・ジョーンズ」のテーマ曲『レイダース・マーチ』を歌いながら泳いでいるかもしれませんよ

 

R0016216

 

さてここで問題、鉢の中にメダカは何匹いるでしょう?

このブログを読んで問に当たった生徒さんには、もれなく宿題3曲プレゼント!!(笑)



 

 

 

 

 

次回発表会が決まりました!

来年23年2月26日(土)です。会場は越谷市中央市民会館、劇場。

前回前々回と松伏のエローラホールに会場を移して行っていましたが、久し振りに越谷市中央市民会館に戻っての発表会です。

4月5月と抽選に漏れ、祈る思いで今月抽選の申込をしました。「祈る」なんてちょっとオーバーですが。。。だって私のくじ運ったら素晴らしく皆無なんですもん。早く生徒の皆さんの発表の場を作らねばと思えば思うほど「祈る」気持ちにもなるってものです。

めでたく「26日、当選しました!」の声を電話で聞いて、一気に肩の荷が下りた思い。いやいや、ホッとしてる場合じゃなくて準備はこれからこれから

改めて生徒さん達にはお手紙を配りますが、小学生までは基本的に全員参加!それ以上の生徒さんも人前で演奏する楽しさ、難しさ、(恐怖!?)を知ることで次なるステップアップの良い機会になりますし、ご家族やお友達に聴いていただいて感想を聞くのもいいでしょう。できる限り参加の方向で考えてください。

ハンドベルや連弾などの企画も考えています。

生徒さん達の横の繋がりで刺激を受け合える活気あるピアノ教室、私の理想です。

 

 

R0016213

越谷市中央市民会館



 

 

 

 

 

子メダカ水槽の水質管理係として買ってきた3匹のミナミヌマエビ。その中の1匹が卵を抱いていました。買ってきて2週間ほど経ったある日、水槽を覗くと「あれっ!?卵抱いてない!」よ~くよ~く見ると1、2ミリのちっちゃ~いエビの赤ちゃんたちがピョロロ~ンと泳いでいるじゃあないですか

ほんとにほんとにちっちゃいエビちゃん達ですがイッチョマエに親エビと同じ姿をしてツマツマしています。ツマツマとはハサミで餌をつまんで口に運ぶ動作のこと。

一生懸命カメラに収めようと粘りましたが、私のカメラではこれが限界。写真中央にいる小エビちゃんがわかるでしょうか?

 

R0016210

 

無事大きく育ってくれることを楽しみに毎日見守っていきたいと思いま~す!

下の写真は親メダカの水槽にいるブリリアントオレンジシュリンプがツマツマしているところ。今では彼(彼女かも?)のキレイなオレンジはすっかり褪せてしまったので私は彼を「ジミーちゃん」と呼んでいます

 

 

R0016018



 

 

 

 

 

『日本の夏 金鳥の夏』のキャッチフレーズは有名ですが、日比谷線入谷駅には毎年朝顔まつりの今の頃、こんなポスターが貼られます。

 

R0016190

 

入谷の夏 金鳥の夏』のこのポスター、縦1m横3,6mのワイドサイズ。上の写真はその一部です。

もちろん入谷駅限定,しかも見られるのは6日から始まる朝顔まつりとのタイアップなので7月2日~8日の7日間に限られます。

江戸の下町風情を感じさせる絵と字体で私は大好き。なんだか懐かしい蚊取り線香の煙が香ってきそう。。。

入谷駅を通ったら電車内からぜひ見てみて下さい!

 

 

 

 

 

私の肩こり歴と言ったら、ちょっと自慢できるくらい長いんです

先日カフェ・アベニューからの帰り道、住宅街のなかに『てごころ』とかかれた看板を見て「そういえばここにマッサージ屋さんがあったんだっけ。。。30分2,000円か…お安い!!」とすぐに帰ってネットでチェック。昨日電話予約して今日行ってきました。

ご自宅の一部を改修してサロンになっている部屋は、白と茶色ベースで清潔感があって癒しの空間。30分で首から足までマッサージしていただき「石のように硬いですね」と言われた肩はほぐしきれない頑固さでしたが、ほんと~に効きました。終わったすぐ後はダルかったのに、なんだか時間が経つにつれて楽になってきたようです。近くにこんなにお上手なマッサージ師さんがいらっしゃるなんて、なんとありがたい。近々また伺いますのでよろしくお願いしま~す。マッサージサロン『てごころ』さん、私のオススメです

きっと明日は爽快だ!

 

R0016189

入口はこんな感じ。



 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2010 ☆ Liszt の あくび ☆, all rights reserved.

MAKI

Author:MAKI
草加市谷塚でピアノ教室を開く私が気ままに綴ります。

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

このブログをリンクに追加する

since 17 nov 2008