今年7月、14年振りに復活した『キャプテンEO』観たさに東京ディズニーランドに行ってしまいました

ディズニーランドは現在ハロウィーン一色。でも私はそんなレア物にも見向きもせず『キャプテンEO』一直線!

初めて3D映像を観たのがこの『キャプテンEO』でした。特別マイケル・ジャクソンが好きだった訳ではなかったものの、『スリラー』のプロモーションを観た時同様、私にとって今でも忘れられないほどかなりの衝撃でした。

マイケルの肩に乗っていたファズボールがこちらに飛んで来ると、手をのばすちびっ子達。私も思わずやったこと、ありました。今の子ども達はゲームや映画で映像に慣れているから、きっとそんなに大きな衝撃はないのでしょうね。

現在の3Dと比べるとやっぱり技術的には劣るけれど、キレのいいマイケルの踊りや音楽、特殊メイクは今観ても古さを感じない。私は当時と同じくらい楽しんで大満足で薄暗くなる頃、早々と混み合ったディズニーを後にしました

 

R0016352



 

 

 

 

 

映画『小さな村の小さなダンサー』を観てきました。

舞台は毛沢東時代の中国。貧しい村の少年が突然役人に見出され北京舞踊学院にてバレエの英才教育を受ける。その後、成長したリー・ツンシンはバレエ研修のためアメリカ、ヒューストン・バレエ団に。そこで自由な世界を初めて知った彼は亡命を決意し。。。

といったノンフィクション映画。

私は原作も読んだのですが、長々しい印象だった少年時代の思い出話は回想としてあり、サラッと流して書かれていた亡命シーンは丁寧に描かれて、映画の方がずっと良かったです。

本物のリー・ツンシンの踊りは観たことありませんが、主演のツァオ・チー(英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団プリンシパル)の力強い踊りも良かったし、たぶんオーストラリアバレエ団の演出だと思いますが、『白鳥の湖』の舞台セットや衣裳も新鮮でした。

家族の絆や政治的圧力を受けた芸術家の苦悩、祖国への想いなどホロっとさせられるところもあり、バレエに興味がない方にもお勧めですよ。

東京では渋谷のBunkamuraのル・シネマとシネスイッチ銀座の2箇所のみの上映。

 

 

 

 

 

私の母校上野学園。今年の春に石橋メモリアルホールが建て替えられて新しくオープンしました。まだ新メモリアルホールに行く機会がなかったところに9月11日(土)『演奏家コース協奏曲演奏会』の情報を耳にして、早速チケットを買いました。その後、現在大学4年生の安部まりあさんが『第8回東京音楽コンクール』においてピアノ部門第1位&聴衆賞受賞したという嬉しいニュースを聞いてさらに演奏会を楽しみに

新メモリアルホールは旧ホールの教会のような高い天井や壁の形状は面影を残し、舞台は幅も奥行きも広くなったようです。

前売り券は完売で会場は満席。

プログラムはブラームス:ヴァイオリン協奏曲 第1楽章、ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第5番 『皇帝』、イベール:アルト・サクソフォーンと11の楽器のための室内小協奏曲、プロコフィエフ:ピアノ協奏曲 第3番

順に上野学園演奏家コースの大4、高2、高2、そして大4の安部まりあさん。将来有望な卵たちです

最後の安部まりあさんはコンクール本戦でも演奏したプロコのコンチェルトで、曲の始めから音楽と一体になった演奏で素晴らしかったです!これからが本当に楽しみ。

他の演奏者達もぜひ大きく活躍して欲しいなぁと心から願います。辻井くんに続く演奏家が排出されますように。。。

今回の演奏会に行って感じたことは、音楽家の芽ひとりひとりを学校(先生方が)が温かく大切に育てているということ。昔と変わらず良い学校の現在の姿を見た気がしました。

 

R0016344

終演後の新メモリアルホール

 

 

 

 

 

知り合いの画家さんから二科展のチケットをいただいたので国立新美術館に行ってきました。

 

イメージ (4)

 

入口まで行って『マン・レイ展』が来週の月曜日までだと気付き、急遽『マン・レイ展』を先に観ることに。

時間があまりなかったので気に入った作品だけじっくり観て、あとはサラリと鑑賞。ミヨーやストラヴィンスキー、サティーなど音楽家のポートレートもありました。マン・レイの作品は以前から大好きで、彼の作品を観ているとゾクゾクするほどカッコイ~イと思ってしまいます

今回も時間がなかったのが失敗でしたが、心にた~っぷり栄養をいただいてまいりました。

 

その後、二科展会場へ。。。絵画、彫刻、デザイン、写真の4部門のうち絵画だけでも入選作品が700点近くあるらしいので、会員作品をいれるとかなりの数です。全部は観切れないので、まず知人の作品が展示してある2階へ行くと第1室に大勢の人が。。。あぁ!!特選をとった工藤静香の作品でした。こういう話題性があると入場者数もふえるんだろうなぁ。

 

R0016343

工藤静香『瞳の奥』の前に集まる人人人

 

公募展は入選、入賞する為に長い時間をかけ、想いを込めた作品ばかりだからか、絵から発するエネルギーがものすごいんです。だから観るほうもエネルギーが必要です。いつも観終わるとグッタリ。今日はレッスン前でエネルギーを使い切る訳にはいかなかったので、会場にあまり長居せずに帰ってきました。

今日グッタリしなかったのは、たぶんマン・レイのおかげですね。



 

 

 

 

 

楽譜を買いに銀座通りをヤマハに向かって歩いて行くと、松坂屋の入口から見えた大きなキャラメルコーンのパッケージ

お菓子売り場でもないのになんだろう?と思って入ってみるとそこにあったのは、2mはある東ハトのお菓子で作られたかわいい大きなお菓子の家でした。

 

R0016325

 

屋根や壁には東ハトのハーベストやオールレイズンがび~っちり。キャラメルコーンやポテコも。

 

R0016326

 

お菓子の家って、子どものころ誰もが一度は夢見ますよね。私は今でも。。。

でもこんなおうちに住んだらすぐに雨漏りだ。。。パクパク



 

 

 

 

 

8月27日から3日間、東京ビッグサイトで開催された『グッドデザインエキスポ』に行ってきました。

身近なところでもグッドデザイン賞を受賞した『G』マークの付いた製品を目にすること、ありますよね?

 

R0016324

うちにあったクレラップもグッドデザイン賞

 

そのグッドデザイン賞の二次審査会場です。

 

R0016294

 

会場には文具やキッチンツールなどの日用品から、家具、家電、車に住宅、中には棺まで。。。あらゆる分野の製品が並んでいました。

 

R0016316

R0016317

ピアノの鍵盤のようになる照明器具

 

R0016322

和歌山の金八みかんの箱。まん丸みかんがいっぱい並んでかわい~い

 

ヤマハのグランドピアノCFシリーズも展示されていましたが、ピアノはデザイン的に変える所はもうあまりないでしょう。ピアノのラインは完成された美しさですもの。

他にも面白いものがたくさんたくさんありました。普段何気なく使うものも気に入ったデザインの物に囲まれていると毎日の生活にちょっぴりワクワク感がプラスされるかもしれませんね。

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2010 ☆ Liszt の あくび ☆, all rights reserved.

MAKI

Author:MAKI
草加市谷塚でピアノ教室を開く私が気ままに綴ります。

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

このブログをリンクに追加する

since 17 nov 2008