今日は大学時代の先輩の発表会でアナウンスのお手伝いをしてきました

出演者は先輩のピアノの生徒さんとカンツォーネの生徒さんたち。。。演奏する生徒さんたちはピアノも歌も同じ、真剣そのものです。そして演奏し終わったあとのキラキラした笑顔は、何度見ても大人も子どもも本当に素敵だと思います

今回のアナウンス、カタカナでイタリア語の題名が書かれているのをどう発音したら良いのか?『アル・ディ・ラ』はアルにアクセント?それともディ?ルはL?アとルの間はちょっと伸ばすのかしらぁ?先輩に確認しようにも舞台の上で伴奏してるし。なんて迷ってるうちに変な読み方になっちゃったりして…。次回からはちゃんと声に出して読んで確認しようと反省した私なのでした

発表会のアナウンスは今まで何度もやっているのに、どうも毎回噛んだり発音が変になったり。。。でも楽しいんですよね~。せんぱい!またお手伝いさせて下さいね~

 

R0011493

アナウンス席から見た伴奏する先輩とカンツォーネの生徒さん



先輩の発表会、15回以上やっているそうですが、まだ1回も雨になったことがないんですって今日も天気予報では雨だったけれど降らなかったし、スーパー晴れ女ですね
 

 

 

 

 

来年の発表会の日が決まりました

2012年2月12日(日) 会場は前回と同じ越谷市中央市民会館。

今回はスムーズに会場が取れてよかった~

いつものように高校生以上は任意ですが、中学生以下は基本的に全員参加です。

最近モチベーションが下がりぎみだった子に「次の発表会も決まったんだけどなぁ」と話したら、表情がコロっと変わって「え?あたし、何弾くの!?」って。「まだ決まってないけど、今のままじゃねぇ。。。前回と同じ曲弾く?」とちょっと脅して(?)みたら「それはヤダ!がんばる!!」 だそうです

8月に入ったら生徒さん達にお知らせのお手紙を配る予定ですが、曲の練習に入るのは季節が変わって涼しくなってから。それまでに私もみんなの選曲に取り組まねば!がんばりますっ

 

 

 

 

 

7月に入って連日の暑さに、貧血と夏バテでずっと体調不良でした。でもだいぶ食欲も戻ってきたので、土用丑の日から二日遅れで鰻を食べに行ってきました~。

行ったのは上野公園内にある伊豆栄梅川亭。本店が池之端にある伊豆栄の支店です。

 

R0011486

R0011485

 

上野公園内ながら東照宮脇にあって、木々に囲まれて落ち着きます。吹く風も涼やかで本店よりも風情があってイイですよォ!

 

R0011481

鰻が2段になっている『殿重』

 

私はお刺身の付いた小さめうな重『伊豆栄弁当』を注文しました。実はあまり鰻が得意じゃない私ですが、ここの鰻は身がふっくらしておいしかったです。スタミナ補給されました!



 

 

 

 

 

 

R0011462

 

先日のお山開きの時に小野照崎神社に形代を納めたら、小さな茅の輪とこの蛇土鈴をいただきました。

水の災が多い初夏の時期に水を司る精霊とされる蛇を敬い奉ることに由縁するそうで、1年のうち6月30日と7月1日の2日間しか授与されないそうです。なんだかありがた~い感じがします

蛇なのにコロンとしたこの形がとっても気に入ってしまった私。金のグルグルもチロっと出した朱色の舌も愛嬌あるし。。。

手のひらサイズのこの土鈴を静かに揺すると「カラカラカラっ」と素朴な音がします。今日も寝る前にカラカラしてお祈りすることにしましょう

 

 

 

 

 

小田急線向ケ丘遊園駅にある川崎市立『日本民家園』に行ってきました。

ここは昭和42年開園した古民家の野外博物館です。20軒以上の古民家が移築されていて、各地の風土に合わせた暮らしの知恵を見ることができます。

こんな合掌造りも白川郷に行かなくても見られますヨ!

 

R0011451

 

私が一番印象に残ったのは、千葉県九十九里の網元のお家。何が良かったかって、この梁です。

 

R0011459

 

こんな曲がりくねった梁って、かっこい~い

囲炉裏に火を入れていたボランティアさんの話によると、当時真っ直ぐな木材は高級だったで防風林の曲がった松が使われたそうです。横の木が上を通ったり下を通ったり。。。。大工さんの技術の高さ、アイデアに拍手です!

昔は仕方なくこういう梁になったのでしょうが、今になっては芸術です。

3.11.の震災で一部梁が外れてしまったそうで、仮の補強がされていました。でも地震の被害を受けたのはこれだけであとは何の問題もないんですって。補強はしてるでしょうが、300年以上も経つのに昔の技術ってすごいですね~。

この日は蒸し暑い1日でしたが、日本民家園は向ケ丘遊園駅から徒歩15分弱のところにある山間に位置するので、野鳥の声や豊かな自然も堪能できました岡本太郎美術館もすぐ近くです。



 

 

 

 

 

台東区下谷にある小野照崎神社。その境内の富士塚に登ってきました。

この富士塚に登れるのは6月30日と7月1日の2日間のみ。江戸時代の後期に作られた由緒ある富士塚らしいです

 

R0011447

 

高さ5メートル富士の頂上までは、あっという間ですが、足元は富士山の溶岩なのでゴツゴツとしていてスニーカーじゃないとちょっと登りにくい。途中一合目、二合目と掘られた石が立っています。

 

R0011448

 

昔の人はどんなに苦労して富士山からこの石を運んだのだろうか。。。なんて考えながらも、頂上では涼やかな風に吹かれてきました

この2日間は『茅の輪くぐり』もできます。この輪を3度くぐって参拝すると災厄から免れるとか。。。

 

R0011449

 

私もしっかりくぐってお参りしてきました。

富士塚と言えば、瀬崎の浅間神社も明日と明後日お祭りですね。小学生達は相当楽しみにしている様子で「かき氷はカルピスで、あとはチョコバナナと。。。」なんて話していました。谷塚辺りは大きいお祭りば浅間さまぐらいなので、子ども達の期待もよ~くわかります。私も毎年行きましたョ!いつも雨だったり雨上がりだったりで、下がぬかるんでるんですよねぇ。まぁ、そんなことには負けず、子ども達には楽しんで来てほしいです。



 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2011 ☆ Liszt の あくび ☆, all rights reserved.

MAKI

Author:MAKI
草加市谷塚でピアノ教室を開く私が気ままに綴ります。

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

QRコード

このブログをリンクに追加する

since 17 nov 2008