久しぶりに自転車で草加駅に向かう途中、氷川の栗林にたくさんの鮮やかな緑のイガグリがなっているのを見つけました

 

R0011684

 

日中は蝉の声も盛んでまだまだ残暑が続いていますが、日が暮れると虫の声も聞こえて秋の風を感じるようになりました。8月も残すところあと1日。秋はそこまで来ているんですね

ところでみんな夏休みの宿題は終わってるかな?

 

 

 

 

 

門下の先輩であり、私の中高時代の師匠の妹さんでもある藤井陽子先生のお宅におじゃましました。

と~ってもお忙しいのに、こんな豪華なお料理を作っていただきました。

 

R0011679

R0011680

R0011681

 

ぜ~んぶ先生の手作り!お友達と3人でお邪魔して、食べるわしゃべるわ・・・。ダッチオーブンで焼いた豚肉&おじゃが&人参、パエリヤ、サーモンのピザも。。。どれをいただいてもビックリするほどおいしかったんですが、特にパンづくりは凝っていらして、スイートポテトにカスタードクリームを混ぜ込んであるパンはホンットおいしかったです

お家をリフォームされたばかりであちこち見せていただいちゃいました。レッスン室もかわいらしくて、音符の飾りや小物がたくさん。「生徒たちが喜ぶと思って」と愛情たっぷり!

ピアノの先生としても女性としても尊敬する藤井陽子先生です。

先生、ごちそうさまでした。おいしいお料理と楽しいおしゃべり、ほんわかとした幸せな時間をありがとうございました。またお邪魔させてくださ~い。

 

あ、安達さん!今回はお会いできず、お話したかったので本当に残念でした。(←お名前だしてすみません



 

 

 

 

 

『不知火牡丹』『大江戸牡丹』『徳川牡丹』、この3種類の日本製の線香花火比べの結果報告です。

 

R0011621

不知火牡丹  割と火玉の周りにまとまってパチパチ

R0011634

大江戸牡丹  下方に大きく広がってパチパチ

R0011640

徳川牡丹  なんたって長かった!しぶとく2分以上はパチパチしてたと思います。さすが15代続いた徳川を名乗っているだけのことはある!

 

やっぱり日本製の花火は明らかに違いますよ。隅田川花火大会も来週27日にありますが、おうちの前でしみじみ~と日本製の線香花火を楽しむのも良いもんです。もちろんその時はバケツを用意して後片付けも忘れずにね!


 

 

 

 

 

夏休み最後の今日、さいたま市にある coffee & gallery 温々 に行ってきました。

目的は今日から始まった宮下香代さんのモビール展 ~夏の空気~ を観ること。

 

R0011672

 

和紙や針金などでつくられたモビールは、まるで音楽を奏でる音符のように風に揺れて楽しげです。8月28日まで開催されているので是非是非オススメです。うちも1点購入してしました。今クーラーの風にゆらゆら。。。

 

そしてこの作品たちを眺めながらヘルシーランチをいただきました

 

R0011676

パンプレートは天然酵母パンと冷製かぼちゃスープにサラダ、ニョッキ、そしてトマトのジャムとクリームチーズのディップで1260円。

 

国道16号線からちょっと入った所にあって自然に囲まれた古民家を改装したカフェギャラリー、家族連れやカップルでいっぱいでした。

 

R0011677

店内はグランドピアノも置かれていて雰囲気です。

 

さぁ、一週間の夏休みも終えて、明日から通常レッスンに戻りますよ~!!



 

 

 

 

 

レッスン室の前にある電柱からハラビロカマキリの赤ちゃんたちが旅立って行った様子をブログってから約2ヶ月。今日玄関先で1匹のハラビロカマキリを見つけました。大きさは10cmくらいかな?

 

R0011671

 

ちゃんとカメラ目線でカマをこちらに見せてくれているところをみると、あの時巣立った赤ちゃんカマキリに違いない!大きく成長した姿を私に見せに帰ってきたんだ!!

と、勝手な思い込みでと~っても感動した今日の私のひとコマでした。

 

 

 

 

 

下町情緒たっぷり残る中央区佃島を散策しました

 

R0011595

この路地を抜けると何があるんだろう?とワクワクさせる魅力です。

 

R0011596

佃島の鎮守の住吉神社。大阪にある住吉大社の分神霊を奉遷祭祀し建立されました。

 

R0011597

現在も井戸が実際に使われてるんですねぇ。

 

R0011593

赤い欄干、停泊している釣り船も絵になります。

 

R0011586

佃島といえばやっぱり佃煮。ここ天安でアサリとしらすの佃煮を購入しました。甘すぎずしょっぱすぎず、おいしい佃煮です。

徳川家康の江戸下降の際に摂津国佃村から33名の漁夫が呼び寄せられ、『佃島』と名付けたこの地に住まわせたそうです。そしてその漁夫が小魚などを獲って保存食のために塩辛く煮て作ったことから『佃煮』といわれるようになったとか。。。

なかなか用事があって訪れる地ではないと思いますが、東京の真ん中に在りながら日本の古き良き情緒が味わえる貴重な町です。時間がゆっくり流れているようです。

 

R0011601

帰りに水上バスから見た佃島。



 

 

 

 

 

今日レッスン室前のメダカ鉢に2、3ミリの稚魚が泳ぐのを発見!!

 

R0011526

 

だいぶズームにして撮ったのですが、よ~く見ないと分からないですね

今日見たかぎりでは4匹の稚魚を確認しました。大きさからみてたぶん昨日か今朝孵化したんじゃないかな。親メダカに見つかると食べられちゃうので、別の入れ物に移せばいいのですが、私はここで自然な状態で飼いたい!なのでなんとかうまく水草に隠れて成長してくれるのを見守りたいと思いま~す。生徒さんたちも次回来たらちょっと注意してメダカ鉢を覗いてみてネ!

 

 

 

 

 

最近しばしば見かけるかわいい顔したノラ猫ちゃん。私は勝手に『チャトラン』と呼んでますが、ノラちゃんだけに警戒心はかなり強いです

 

R0011507

 

今日も11時ころ帰宅すると、非常階段の鉄骨の上で涼んでました。

ねこの習性は全然知りませんが、この態勢はどう見ても逃げる気満々でしょう。急にカメラ向けてビックリさせちゃったかな?

まんまるの顔にアーモンドのような目、そして大きめの耳が私のお気に入り。チャトランに会えた日はなんとなくラッキー気分です

 

 

 

 

 

夏の風物詩 『花火』 。久しぶりに線香花火がしたくなって、どうせ買うなら日本製の線香花火を。。。と3種類の線香花火を購入してみました。

 

R0011498

 

線香花火は『大江戸牡丹』『徳川牡丹』『不知火牡丹』。一番左は「初代鍵屋弥兵衛が江戸日本橋で初めて作った手花火の原型といわれている」『江戸の墨火』。

私がこの中で最も気になっているのがやっぱり『徳川牡丹』!! 葵の御紋なんか入って「この紋どころが目にはいらぬか!」ってなオーラ放っちゃってます

 

R0011502

 

これがその手花火と線香花火。日本製は火をつけてから火の玉がポタっと落ちるまでの時間が中国製に比べかなり長いそうな。確かに手作業でしかできないであろうヨリも美しい。。。

夏休みになったらラムネ飲みながら線香花火で夕涼みってのもいいなぁ。この仰々しい線香花火に着火した日には、またブログりま~す。



 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2011 ☆ Liszt の あくび ☆, all rights reserved.

MAKI

Author:MAKI
草加市谷塚でピアノ教室を開く私が気ままに綴ります。

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

このブログをリンクに追加する

since 17 nov 2008