イメージ (10)

 

2月8日(土)コンクール入賞者コンサートに当教室から3名が出演いたします。

4月、5月のステージに向けて勉強中の曲ですが、3人とも冬休み中も一生懸命まじめに練習しました。

3人が出演するのは17:40~の第二部です。お時間ありましたら、皆さまぜひ聴きにいらして下さい。

 

 

 

 

 

 

チラシ

 

1月26日(日)草加市文化会館で催される『歌とダンスのファンタジー』に姉の主宰するバレエスクール、アルテ・エスペランサの生徒さん達が出演いたします。

出演する生徒さんたちは毎日のようにリハーサル続き。きっと素敵な「花のワルツ」をみせてくれることと思います

私も観に行くのを楽しみにしています!

 

 

 

 

 

1月20日、今日は大寒。このところ寒~い日が続いていますね。

 

R0013319

 

庭のメダカ鉢にもこんなに厚い氷が張っていました!この氷の下でメダカたちは春が来るのを夢見ているようです。


 

 

 

 

 

2014年のレッスンが始まって一週間。子ども達は皆レッスンを一回終えました。

幼稚園の年少年中さんより大きい子達は発表会の曲を練習中です。「休みの間きっと皆やったところも忘れっちゃってるんだろうなぁ。。。でももう一度初めからやるつもりで!」なんて覚悟していた私を、なんと皆裏切ってくれたことか!? 発表会の曲は普段より少しチャレンジ出来る曲を渡していますが、あまりにスムーズに弾いてきたので「あれ?この曲簡単すぎた?」と思わず聞いたら、「うんん、難しいけど楽しいからいっぱい練習してきた~!」と。なんて嬉しいんでしょう。

皆それぞれのペースで頑張ってくれています。4月までの成長が楽しみ!

今日は私も皆に負けないように一日自分の練習。金曜日は自分のレッスンだけど、あ"~私はなかなか成長できないなぁ。今年はジョイント・コンサート、踊りとコラボの舞台あり二台ピアノもあって、始まったばかりだけれど一年あっという間に終わってしまいそう。時間を無駄にしないよう心して過ごしたいと思います。

 

R0013318

 

 

 

 

 

遅まきながら映画『かぐや姫の物語』を観てきました。

 

かぐや姫の物語

 

ずっと観たいと思っていましたが、上映もだいぶ遅れましたよね。やっと観られた…という感じです。

内容は基本的に竹取物語そのままです。でも竹取物語ではあまりないかぐや姫の心理描写が主体です。私は何よりも絵に惹かれました。場面毎で違った描き方がされていますが、水彩画のようであったり素描のようなタッチであったり。それが風や温度、スピードそして心理を感じさせるのだと思います。

こういう作品を観ると、予告でやってたディ○ニーのCGアニメーションにはゲンナリしてしまいます。私の個人的意見ですよ。。。

かぐや姫に求婚する貴い身分の5名の殿方が面白かった!声をやっている俳優さんの風貌そのままで笑ってしまいました。そして翁の声は地井武男さん。地井さんの遺作なんですね~。

そして最後の月からのお迎えが、先日観に行った『天上の舞 飛天の美』展にあった絵と同じだったので、かぐや姫は楽器を演奏する飛天だったって解釈でしょうか?たまたま私はチケットをもらって展覧会に行き、今日ずっと前から観たかったかぐや姫を観たのですが、セットのような感じで両方観て良かったなぁと思いました。

 

 

 

 

 

ミッドタウンにあるサントリー美術館で『天上の舞 飛天の美』を観てきました。

 

R0013315

 

この展覧会に行った目的は、平等院鳳凰堂内の国宝《雲中供養菩薩像》、国宝《阿弥陀如来坐像光背飛天》。平等院鳳凰堂修理にともなって国宝が東京で観られる貴重な機会です。

音声ガイドを聞きながら回りましたが、仏教用語が難しい。字を見るとなんとなくわかるけれど、聞いただけだとなんのことだかサッパリ。。。なんて部分もありました。

意味はわからなくても間近で観る国宝からは魂を感じるというのか大きなエネルギーを感じるというのか…観ていてゾクっとしました。本当にブルっとなりました。

会場には雲中供養菩薩像の模刻像に触れるコーナーもあります。鳳凰堂落慶後は供養後、実際に堂内に奉納されるそうです。「結縁(けちえん)」といって触れることで菩薩像と縁を結ぶという意味だそうです。ありがたく手を合わせて私も触れさせていただきました。

鳳凰堂では阿弥陀如来像の光背に付いていたり、壁の高い位置に掛けられているのでこんなに間近で観ることは叶わないようです。今回は貴重な体験ができました。

この展覧会は1月13日までです。

 

 

 

 

 

今年は午年。。。ということで、馬のお肉を食べに行ってきました!

三ノ輪駅から徒歩10分弱。桜鍋の「中江」は歴史を感じる建物、築80年以上の貫禄です。

 

R0013314

 

明治時代、桜鍋は東京のハイカラなグルメだったそうです。この界隈に20軒以上の桜鍋屋さんがあったとか。

私も馬刺しは今まで2,3回食べたことはあったけれど、桜鍋はお初です。今日はコースでお願いしました。

 

R0013310

馬刺しの握り。美味しかった!4貫ペロリっです。

 

R0013311

桜鍋。まだ煮える前ですが、うっすら桜色になったら食べごろ。臭みもないし柔らかく、美味しかったです。牛の油のようにしつこくなくあっさり感じます。

 

〆は甘辛い汁を卵でとじて、ご飯にのせて。これで美味しくないはずがない!

R0013313

江戸っ子の好みって感じですね~(≧∇≦) もう満腹!!

 

R0013308

文化財の建築物で、東京の郷土料理を堪能。なんとも贅沢なひとときでした。

 

 

 

 

 

明けましておめでとうございます。

2014年が皆さまにとって笑顔いっぱいの一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

レッスンは6日より始まります。しばし冬休みをお楽しみ下さい!

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2014 ☆ Liszt の あくび ☆, all rights reserved.

MAKI

Author:MAKI
草加市谷塚でピアノ教室を開く私が気ままに綴ります。

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

このブログをリンクに追加する

since 17 nov 2008