この時期おしろいばなが道端に咲いているのを見かけます。

子どもの頃はおしろいばなの種を割って中の粉を出して遊びましたが、こんな遊びはどうでしょう?

 

R0013546

近所に咲いていたおしろいばな。

 

R0013548

がくの部分を剝くと種の若僧。その白い種の部分を優しく花から取ると。。。

 

R0013549

雌しべが一本一緒に引き出されます。

 

R0013593

これを高いところから落とすと、くるくるくるくる回転しながら落下傘のように落ちていく様がとても可愛らしいんです。残念ながら写真には撮れませんでしたが。。。

 

ゲームもいいけど、たまにはこんなのんびりとした遊びもいいものですよ!おしろいばなの香りにも癒されるし、花のつくりも知ることができますネ。

 

 

 

 

 

お休みに公園に行ったときです。

 

R0013543


R0013540

 

カマキリがセミを狙ってます。はじめは1メートルくらい下にいたカマキリが、ゆ~っくり確実に近づいてきたところです。これでも数十分眺めていました。カマキリに横目で睨まれたりしながら

でもここでタイムオーバー!さてこの後カマキリとセミはどうなったのでしょう?

 

 

 

 

 

R0013539

 

ちょうど一週間前、高校時代からの友人の訃報を受けた。しかも「何か聞いてる?亡くなったらしいんだけど。。。」と、久しぶりの同級生からのメールで。

その友人とは高校、大学、ヤマハ講師時代一緒で、昔は演奏会もたくさん一緒に聴きに行ったしヤマハの研修も同室だった、食べることが大好きでよく食事にも行った。彼女の病気の話は打ち明けられていたが、その後遠くに引っ越してしまったこともあり、ここ数年年賀状だけの付き合いになっていた。

同級生のメールを読んでもすぐに悲しいとか泣けたとかそんなのじゃなかった。信じられないのと連絡を取っていなかった後悔と。。。色々な思いと。。。

それから数日は何をしていても上の空。今でもこうしていると涙が出てきてしまうけど。。。木曜日に葬儀も終わった彼女のおうちに行ってお別れをした。海に近い新しいおうち。病気の彼女が少しでも明るく過ごせるようにと、光がいっぱい入って風通しも良く床や壁は体に害のない材料が使われている。そこで過ごした時間は短かったけれど、だんなさまと子どもたちと平穏で幸せな生活を送っていたんだなぁ。ちょっとホッとした。体の痛みや手のしびれがあったにもかかわらず、最後に入院する数日前までピアノを弾いていたそうだ。

彼女が一番気がかりだったであろうまだ小さな二人の子どもたち。ニコニコ笑顔がママそっくり!できる限り私は彼女たちの力になりたいと思う。

彼女との想い出は変わることなくずっと私の心の中にある。彼女に恥ずかしくない生き方をしていかなければ。

あっちゃん、ありがとう!

 

 

 

 

 

三菱一号館美術館で『 ヴァロットン展 ~冷たい炎の画家~ 』 を観てきました。

 

R0013530

 

20歳の頃の自画像は実に写実的なうえ、何かを憂えているのか、冷ややかな侮蔑の眼差しなのかヴァロットンの内面を描いている作品でまず足を止めさせられます。

その後ヴァロットンの作品は構図がとても興味深く、また影が描かれていなかったり不自然な影だったり、それがこちらの不安感をあおるのでしょうか。観ていてドキドキするというかソワソワするというのか。。。

この展覧会で私が一番気に入ったのは版画「アンティミテ」10連作の【Ⅴ お金 】。この思い切った構図が面白い!真っ黒な闇が果てしなく広がって実際の作品の大きさ以上に広がりを感じます。そして闇に隠された何かを否が応でも想像させられるでしょう。

ヴァロットン展は9月23日までです。

 

 

 

 

 

暑い日が続いています。今日から8月。

先月入谷朝顔市で購入した朝顔が毎日きれいに咲いてくれています。

 

R0013527

R0013528

 

今年は「なでしこジャパン」と名付けられた鮮やか朝顔4本立ての鉢を買ったので、今日はどの色を咲かせているかな?窓を開けるのが朝の楽しみです。

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2014 ☆ Liszt の あくび ☆, all rights reserved.

MAKI

Author:MAKI
草加市谷塚でピアノ教室を開く私が気ままに綴ります。

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

QRコード

このブログをリンクに追加する

since 17 nov 2008