FC2ブログ

 

 

 

 

上野の不忍池がたくさんの蓮の花で彩られています。

 

DSCF0058

 

DSCF0063

 

DSCF0049

 

かわいい桃色のお花です。こんな寄り添って恋人みたいな蕾も。。。

 

お花が終わると…

 

DSCF0061

 

シャワーヘッドがお目見え ( *´艸`)

蕾もたくさんあってまだまだ楽しめそうです。午後はお花が閉じてしまうので、見に行くなら午前中に行ってくださいネ!写真は本日7月28日10時ころのものです。

 

 

 

 

 

23日に「オールスター バレエ ガラ」 のAプロを観に行きました。今日のは私のだいぶ偏った感想です。

 

DSCF0048

 

この公演、チケットもお高いし観たいダンサーもキャスティングされていなかったのでチラシも保存していませんでしたが、先月になって私の好きなマチアス・エイマンが出演することになって大興奮!しかもチャイコフスキー・パ・ド・ドゥを踊ると聞いちゃあ、ん~~観たい♡…でも高いっ↷ 迷いに迷って当日券B席を購入。印象に残った演目をちょっと語らせてください。

ジリアン・マーフィーとマチアスのチャイコフスキー、マチアスの美しさと正確なテクニックはやっぱり来てよかった♡と思わせる。パートナーがオペラ座のダンサーならテンポがもうちょい速いよな~と思いながらもマチアスくんを目に焼き付けてきました。後半で踊った「海賊」寝室のパ・ド・ドゥは、なんでこのシーン?リフトは美しいけれどマチアスの踊りをもっと観たかった私には欲求不満気味演目なり。

ザハロワはやっぱり素晴らしい!「トリスタンとイゾルデ」も良かったし後半の「海賊」のメドゥーラも美しかった!

昔大好きだったフェリも一度は引退した身だし。。。と実は期待していなかったけど、なんて可憐なの!踊る女優、伝説のジュリエットは健在でした!さすが、フェリ !!

に比べてニーナ。。。少々(?)大きくなられて。。。なにも「瀕死の白鳥」踊らなくても(;´Д`) 最後のドタッとした感が気になってしまいました。

今回の公演、演目も企画練り不足なのかなんだか古くさい雰囲気とチケットの高さがなんともスッキリこない感じだったなぁ。

まぁ私は、マチアス観られて幸せだったので良しとしましょう♡

 

 

 

 

 

今日は勉強会アルカディアでした。

 

IMG_2330

 

会場は恵比寿のテッドアートスタジオ。私はバッハの平均律とリストのエステ荘の噴水を弾きました。

人前で演奏すると本当に気づくことがたくさんあります。10月のコンサートまで弾きこむことが必要。他にもさらわなければいけない曲も8月中に譜読みしておきたい曲もあり、頑張らねば!

 

nicht  "ich spiele" sondern  "es musiziert" 

 

 

 

 

 

DSCF0044

 

これ↑何かわかりますか?陶芸のようなこの色合い。綺麗でしょ~。

スズメバチの巣です。

昨日植木屋さんが駆除してくれました。

 

DSCF0043

 

DSCF0045

 

どの角度から見ても美しいデザインです。

 

中には ↓

 

DSCF0047

 

卵かな?怖いから処分します。

ここまで巣が成長するまでには結構時間がかかるんでしょうか?まったく気づきませんでした。

危険なスズメバチですが、こんな美しい作品を創るなんて芸術家ですね~!

 

 

 

 

 

梅雨開けはもうちょっと先になりそうですが、蒸し蒸しと暑い毎日です。

先週の入谷鬼子母神の朝顔市、浅草寺のほおずき市はすごい人出でした。買ってきた朝顔が毎朝色とりどりカワイイ花を咲かせています。

 

DSCF0037

 

そしてほおずき

 

DSCF0030

 

と、よく見たら

 

DSCF0034

 

カメムシくんがっ! 臭いの出されたら大変なのでそっとしておきましょう。

 

ささやかですが、目から暑さを楽しみたいと思います。

 

 

 

 

 

昨日3日(日)は汐留ベヒシュタインサロンに 『フォルテピアノとピアノで聴くベートーヴェン』 を聴きに行きました。

この題名を見つけて即申し込んだくらい、興味をそそられるテーマです。お電話した時すでにいっぱいでキャンセル待ちでしたが、数日前に空きが出たとご連絡いただいてワクワクしながら出掛けました。

 

IMG_2247

 

会場置かれたベヒシュタイン(奥)、フォルテピアノ、左側に置かれているのがクラヴィコード。

クラヴィコードも聴けるなんてラッキー!とってもとっても繊細で小さな音なんですよ。

モーツアルトやベートーヴェンがこれらの楽器で演奏するため作曲したことを考えると、私達が現在のピアノで弾くときも考慮しなければなりません。ペダリングの違いについても非常に興味深かったです。

とてもためになるレクチャーコンサートで、楽しい時間でした。行かれて良かった!!

 

IMG_2249

↑フォルテピアノ(NEUPERT Dulcken)

IMG_2248

↑クラヴィコード

 

終演後、楽器を弾くことができたので、これまたラッキー!とそれぞれの楽器の違いを味わってきました。作りもそうですがタッチも繊細で、何も考えず力任せに音を出したらぶっ飛んじゃいそうです(;´∀`)

現在のピアノはぶっ飛びはしないけど、音を出すのは同じこと!と身に沁みて今日からピアノに迎えそう。。。

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2016 ☆ Liszt の あくび ☆, all rights reserved.

MAKI

Author:MAKI
草加市谷塚でピアノ教室を開く私が気ままに綴ります。

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

QRコード

このブログをリンクに追加する

since 17 nov 2008